Movie Movie

Return Page

Archives

海賊とよばれた男

2016年12月10日公開

(C)2016「海賊とよばれた男」製作委員会
(C)百田尚樹/講談社

INTRODUCTION

主演:岡田准一 × 監督:山崎貴
国民的大ヒット映画『永遠の0』チームが再集結!
420万部突破の大ベストセラー、完全映画化!!

明治・大正・昭和の激動の時代を舞台に、名もなき一青年から身を興し、やがて戦後の日本に大きな勇気と希望を与える大事業を成し遂げていく主人公・国岡鐡造(くにおかてつぞう)の姿を描いた「海賊とよばれた男」(百田尚樹著/講談社文庫)。この実話を元にした壮大な大河エンターテインメントは、2013年に第10回本屋大賞を受賞、現在までに上下巻累計発行部数420万部を超える大ベストセラーとなっています。
そして、本作の映画化にあたり、2014年年間邦画興行収入ランキング第1位に輝いた国民的大ヒット映画『永遠の0』のチームが再集結!メガホンを取るのは、『永遠の0』をはじめ、『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズ、『STAND BY MEドラえもん』など、これまでに多くの感動作を生み出してきた稀代のヒットメーカー・山崎貴。主演の国岡鐡造役には、第38回日本アカデミー賞にて、男優では史上初となる最優秀主演男優賞(『永遠の0』)、最優秀助演男優賞(『蜩ノ記』)のW受賞の快挙を成し遂げた岡田准一。さらに、これまでの山崎監督作品を彩ってきた吉岡秀隆、染谷将太、堤真一といった実力派俳優陣に加え、本作で初参加となる綾瀬はるか、鈴木亮平、小林薫など、日本映画界を代表する豪華キャストの競演が実現。
あの時代、誰よりも“日本人の誇り”を追求し、“海賊”とよばれ恐れられた国岡鐡造と、彼を支える仲間たち、そして最愛の妻との絆が織りなす重厚な人間ドラマが、この冬、今を生きるすべての日本人に感動と勇気を与えます。

STORY

主要燃料が石炭だった当時から、石油の将来性を予感していた若き日の国岡鐡造(岡田准一)は、北九州・門司で石油業に乗り出すが、その前には国内の販売業者、欧米の石油会社(石油メジャー)など、常に様々な壁が立ち塞がり、行く手を阻んだ。
しかし、鐡造はどんなに絶望的な状況でも決して諦めず、それまでの常識を覆す奇想天外な発想と、型破りの行動力、何よりも自らの店員(=部下)を大切にするその愛情で、新たな道を切り拓いていった。
その鐡造の姿は、敗戦後の日本において、さらなる逆風にさらされても変わることはなかった。
そしてついに、敗戦の悲嘆にくれる日本人に大きな衝撃を与える “事件”が発生する。
石油メジャーから敵視され、圧倒的な包囲網により全ての石油輸入ルートを封鎖された国岡鐡造が、唯一保有する巨大タンカー「日承丸」を、秘密裏にイランに派遣するという“狂気”の行動に打って出たのだった。
イランの石油を直接輸入することは、イランを牛耳るイギリスを完全に敵に回すこと。しかし、イギリスの圧力により貧困にあえぐイランの現状と自らを重ね合わせた鐡造は、店員の反対を押し切り、石油メジャーとの最大の戦いに臨む。
果たして、日承丸は英国艦隊の目をかいくぐり、無事に日本に帰還することができるのか?
そして、国岡鐡造は、なぜ“海賊”とよばれたのか?
その答えが、明らかになる―。

DATA
監督・脚本・VFX
山崎 貴
原作
百田尚樹「海賊とよばれた男(上下)」(講談社文庫)
音楽
佐藤直紀
キャスト
岡田准一
吉岡秀隆 染谷将太 鈴木亮平 野間口徹 ピエール瀧
須田邦裕 飯田基祐 小林隆 矢島健一/黒木華
浅野和之 光石研
綾瀬はるか 堤真一 近藤正臣(特別出演)/國村隼
小林薫
製作情報 クレジット
上映時間:2時間25分

製作:「海賊とよばれた男」製作委員会
企画製作幹事:日本テレビ放送網
制作プロダクション:ROBOT
制作協力:阿部秀司事務所
配給:東宝

(C)2016「海賊とよばれた男」製作委員会
(C)百田尚樹/講談社
公開日
2016年12月10日公開
CAST&STAFF
出演
岡田准一
吉岡秀隆 染谷将太 鈴木亮平 野間口徹 ピエール瀧
須田邦裕 飯田基祐 小林隆 矢島健一/黒木華
浅野和之 光石研
綾瀬はるか 堤真一 近藤正臣(特別出演)/國村隼
小林薫
監督・脚本・VFX
山崎 貴
原作
百田尚樹「海賊とよばれた男(上下)」(講談社文庫)
音楽
佐藤直紀
制作
中山良夫 古川公平 市川 南 藤島ジュリーK.薮下維也 永井聖士 加太孝明 堀 義貴 島村達雄 前田義晃 弓矢政法 阿部秀司 安部順一 永山雅也 水野道訓
エグゼクティブプロデューサー
阿部秀司/門屋大輔
プロデューサー
佐藤貴博/守屋圭一郎/藤村直人
企画協力
奥田誠治
撮影
柴崎幸三
照明
上田なりゆき
美術
上條安里
録音
藤本賢一
装飾
龍田哲児
VFXディレクター
渋谷紀世子
編集
宮島竜治
DIプロデューサー
齋藤精二
音響効果
岡瀬晶彦
特機
奥田 悟
衣裳
水島愛子
ヘアメイク
宮内三千代
特殊メイク
吉田茂正
キャスティング
緒方慶子
スクリプター
甲斐哲子
助監督
安達耕平
制作担当
櫻井紘史
ラインプロデューサー
阿部 豪
アソシエイトプロデューサー
櫛山 慶
企画製作幹事
日本テレビ放送網
VFXプロダクション
白組
制作協力
阿部秀司事務所
制作プロダクション
ROBOT
製作
「海賊とよばれた男」製作委員会
配給
東宝

(C)2016「海賊とよばれた男」製作委員会
(C)百田尚樹/講談社

PROFILE
国岡鐡造役 岡田准一
1980年11月18日生まれ、大阪府出身。
1995年、V6のメンバーとして「MUSIC FOR THE PEOPLE」でCDデビュー。バラエティ、ドラマ、映画、ラジオと様々なジャンルで活躍。2002年、TVドラマ「木更津キャッツアイ」(TBS)が人気を集め、2度映画化される大ヒットを記録。また、TVドラマ「SP」(2007年/CX)、そしてその映画化作品の『SP 野望篇』『SP 革命篇』(2010年・2011年/波多野貴文監督)では、たぐいまれな身体能力と高い演技力で唯一無二の存在感を示した。その後も、『図書館戦争』『図書館戦争THE LAST MISSION』(2013年・2015年/佐藤信介監督)で冷徹な鬼教官を、『永遠の0』(2013年/山崎貴監督)では、生きることを最優先しながらも終戦間際に特攻を選ぶ軍人を演じ話題を集め、2014年には、NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」にて主演・黒田官兵衛を演じた。2015年、第38回日本アカデミー賞で、男優として史上初の快挙となる、最優秀主演男優賞(『永遠の0』)、最優秀助演男優賞(『蜩ノ記』(小泉堯史監督))のダブル受賞を達成。『エヴェレスト 神々の山嶺』(2016年/平山秀幸監督)では、実際にエヴェレストでの撮影に挑んだ。公開待機作に『追憶』(2017年公開予定/降旗康男監督)、『関ヶ原』(2017年初秋公開予定/原田眞人監督)がある。
東雲忠司役 吉岡秀隆
1970年8月12日生まれ、埼玉県出身。
子役としてデビュー後、映画『男はつらいよ』シリーズ(1981~1995年/山田洋次監督)、TVドラマ「北の国から」シリーズ(1981~2002年/CX)でその名を知られ、「Dr.コトー診療所」シリーズ(2003~2006年/CX)に主演。映画では、『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズ三部作(2005年・2007年・2012年/山崎貴監督)に主演し、日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を2度受賞(第29回・第31回)。日本映画界に欠かせない存在として現在に至る。公開待機作に『追憶』(2017年公開予定/降旗康男監督)がある。
長谷部喜雄役 染谷将太
1992年9月3日生まれ、東京都出身。
2001年、『STACY』(友松直之監督)で映画デビュー。『ヒミズ』(2012年/園子温監督)では、第68回ヴェネチア国際映画祭にて、マルチェロ・マストロヤンニ賞(最優秀新人俳優賞)を日本人初受賞。第36回日本アカデミー賞では新人俳優賞を受賞した。以降、『WOOD JOB! 〜神去なあなあ日常〜』(2014年/矢口史靖監督)、『寄生獣』『寄生獣 完結編』(2014年・2015年/山崎貴監督)、『さよなら歌舞伎町』(2015年/廣木隆一監督)などに主演し、その類いまれなる演技力で、それぞれの作品で全く異なった顔を見せている。公開待機作に『聖の青春』(11月19日公開予定/森義隆監督)がある。
武知甲太郎役 鈴木亮平
1983年3月29日生まれ、兵庫県出身。
2007年、『椿三十郎』(森田芳光監督)で映画デビュー。主演を務めた『HK/変態仮面』(2013年/福田雄一監督)は大好評を博し、続編も製作された。2015年には『俺物語!!』(河合勇人監督)の主演にあたり体重を30kg増量するなど、役作りに懸けるそのストイックな姿勢も大きな話題を集めた。TVドラマにおいても、NHK連続テレビ小説「花子とアン」(2014年)、「天皇の料理番」(2015年/TBS)などに出演し、作品に良質感を与えている。公開待機作に『忍びの国』(2017年公開予定/中村義洋監督)がある。
柏井耕一役 野間口徹
1973年10月11日生まれ、福岡県出身。
舞台を中心に活動後、2007年、TVドラマ「SP 警視庁警備部警護課第四係」(CX)で注目を集め、以降、TVドラマ、映画、舞台と数多くの作品に出演。名バイプレーヤーとして欠かせない存在となる。2016年は『リップヴァンウィンクルの花嫁』(岩井俊二監督)、『シン・ゴジラ』(庵野秀明総監督)に出演。公開待機作に『疾風ロンド』(11月26日公開予定/吉田照幸監督)、『キセキ ―あの日のソビト―』(2017年1月28日公開予定/兼重淳監督)がある。
藤本壮平役 ピエール瀧
1967年4月8日生まれ、静岡県出身。
1989年、「電気グルーヴ」のメンバーとしてデビュー。その独特のテクノサウンドで国内・海外問わず多くの熱狂的なファンを生み出した。2000年代以降、その活躍の場は俳優、声優、ナレーターなど多岐に渡る。映画では、2013年に出演した『凶悪』(白石和彌監督)、『くじけないで』(深川栄洋監督)がいずれも高い評価を得、第37回日本アカデミー賞優秀助演男優賞を含む4つの賞を受賞。近年も『日本で一番悪い奴ら』(2016年/白石和彌監督)、『シン・ゴジラ』(2016年/庵野秀明総監督)、『怒り』(2016年/李相日監督)など、話題作への出演が続く。
盛田辰郎役 堤真一
1964年7月7日生まれ、兵庫県出身。
1984年に舞台デビュー後、その活動の場をTV、映画にも広げる。映画では、2005年に『フライ,ダディ,フライ』(成島出監督)、『ALWAYS 三丁目の夕日』(山崎貴監督)で、第29回日本アカデミー賞最優秀助演男優賞をはじめとする8つの賞に輝き、以降も映画賞の常連としてその演技力は高い評価を得ている。主演作は、『クライマーズ・ハイ』(2008年/原田眞人監督)、『俺はまだ本気出してないだけ』(2013年/福田雄一監督)など。公開待機作に『土竜の唄 香港狂騒曲』(12月23日公開予定/三池崇史監督)、『本能寺ホテル』(2017年公開予定/鈴木雅之監督)がある。
甲賀治作役 小林薫
1951年9月4日生まれ、京都府出身。
舞台での活躍の後、1977年、映画『はなれ瞽女おりん』(篠田正浩監督)で映画デビュー。以降、実力派俳優として数多くの映画・ドラマ・舞台・CM作品に出演。2009年にはTVドラマ「深夜食堂」(MBS)に主演、以後シリーズ化され映画化も果たすなど、幅広い人気を博している。公開待機作に、映画『続・深夜食堂』(11月5日公開予定/松岡錠司監督)、『キセキ ―あの日のソビト―』(2017年1月28日公開予定/兼重淳監督)、ドラマではNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」(2017年)などがある。
ユキ役 綾瀬はるか
1985年3月24日生まれ、広島県出身。
2001年、女優デビュー。以降、TVドラマ、映画、CMなど幅広い分野で目覚ましい活躍を続ける。TVドラマ「ホタルノヒカリ」(2007年・2010年/NTV)は映画化もされるなど大ヒットを記録し、2013年NHK大河ドラマ「八重の桜」では主人公・新島八重を演じた。NHK大河ファンタジー「精霊の守り人」は2017年1月からシーズン2が放送予定。
映画では『海街diary』(2015年/是枝裕和監督)、『高台家の人々』(2016年/土方政人監督)などに主演。コメディからラブストーリーまで、幅広い役柄を演じ分ける。公開待機作に『本能寺ホテル』(2017年公開予定/鈴木雅之監督)がある。
小川初美役 黒木華
1990年3月14日生まれ、大阪府出身。
2011年、『東京オアシス』(松本佳奈監督・中村佳代監督)で映画デビュー。2014年には、『小さいおうち』(山田洋次監督)で第64回ベルリン国際映画祭最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞し、大きな注目を集めた。『母と暮せば』(2015年/山田洋次監督)では、第39回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を、前年に引き続き2年連続で受賞する。『リップヴァンウィンクルの花嫁』(2016年/岩井俊二監督)では映画単独主演をし、若手実力派女優として高い評価を得ている。公開待機作に『ちょっと今から仕事やめてくる』(2017年初夏公開予定/成島出監督)がある。
国岡万亀男役 光石研
1961年9月26日生まれ、福岡県出身。
1978年、『博多っ子純情』(曽根中生監督)で映画初出演にして初主演を飾りデビュー。以降、映画、TVドラマを中心に活躍。幅広いキャラクターを演じ分けるその演技力で、名脇役として多くの作品に出演する一方、『あぜ道のダンディ』(2011年/石井裕也監督)では第3回TAMA映画祭最優秀男優賞を受賞し主演として高い評価を得る。『お盆の弟』(2015年/大崎章監督)、『恋人たち』(2015年/橋口亮輔監督)では第37回ヨコハマ映画祭助演男優賞を受賞するなど、ベテラン俳優として確固たる地位を築いている。公開待機作に『14の夜』(12月公開予定/足立紳監督)がある。
木田章太郎役 近藤正臣
1942年2月15日生まれ、京都府出身。
1966年、映画『「エロ事師たち」より 人類学入門 』(今村昌平監督)でデビュー。1973年にはNHK大河ドラマ「国盗り物語」で人気を博し、以降、多くの映画・TVドラマ作品で唯一無二の存在感を放っている。近年では映画『龍三と七人の子分たち』(2015年/北野武監督)、『S-最後の警官-奪還 RECOVERY OF OUR FUTURE』(2015年/平野俊一監督)など、今なお幅広いジャンルの作品への出演が続いている。公開待機作に『本能寺ホテル』(2017年公開予定/鈴木雅之監督)がある。
鳥川卓巳役 國村隼
1955年11月16日生まれ。大阪府出身。
1981年、『ガキ帝国』(井筒和幸監督)で映画デビュー。以後、映画を中心に多くの作品に出演し、1997年には『萌の朱雀』(河瀬直美監督)で映画初主演。圧倒的な存在感で高い評価を得て大作・話題作への出演が続いている。ジョン・ウ-監督作品『追捕 MANHUNT(原題)』や、本年のカンヌ国際映画祭に招待され、韓国内において800万人の観客動員で今年の話題作となったナ・ホンジン監督最新作『哭聲/コクソン(原題)』にもメインキャラクターとして出演している。2017年は、『破門 ふたりのヤクビョーガミ』(1月28日公開予定/小林聖太郎監督)、『忍びの国』(中村義洋監督)、『鋼の錬金術師』(曽利文彦監督)などの公開が控えている。
監督 山崎貴
1964年6月12日生まれ。長野県出身。
2000年、『ジュブナイル』で映画監督デビュー。CGによる高度なビジュアルを駆使した映像表現・VFXの第一人者。2005年には『ALWAYS 三丁目の夕日』が第29回日本アカデミー賞において計12部門で最優秀賞を受賞し、後にシリーズ化されるなど大ヒットを記録。その後も『SPACE BATTLESHIP ヤマト』(2010年)、『STAND BY ME ドラえもん』(2014年/八木竜一との共同監督)など多くの大作・話題作を手掛け、中でも『永遠の0』(2013年)は、2014年年間邦画興行収入No.1のメガヒットとなった。今や日本を代表する映画監督の一人として、大きな注目を集めている。

【監督作品】
・『ジュブナイル』(2000年)
・『Returner<リターナー>』(2002年)
・『ALWAYS 三丁目の夕日』(2005年)
・『ALWAYS 続・三丁目の夕日』(2007年)
・『BALLAD 名もなき恋のうた』(2009年)
・『SPACE BATTLESHIP ヤマト』(2010年)
・『friends もののけ島のナキ』(2011年) ※八木竜一と共同監督
・『ALWAYS 三丁目の夕日‘64』(2012年)
・『永遠の0』(2013年)
・『STAND BY ME ドラえもん』(2014年)※八木竜一と共同監督
・『寄生獣』(2014年)
・『寄生獣 完結編』(2015年)
音楽 佐藤直紀
1970年5月2日生まれ、千葉県出身。
1993年、東京音楽大学作曲科を卒業後、映画、TVドラマ、CMなど、様々な音楽分野で幅広く活躍する。『ALWAYS 三丁目の夕日』(2005年/山崎貴監督)では、第29回日本アカデミー賞最優秀音楽賞を受賞。主な映画作品は『海猿』シリーズ(2004年・2005年・2010年・2012年/羽住英一郎監督)、『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズ(2005年・2007年・2012年/山崎貴監督)、『るろうに剣心』シリーズ(2012年・2014年/大友啓史監督)、『STAND BY MEドラえもん』(2014年/山崎貴監督・八木竜一監督)、『ルドルフとイッパイアッテナ』(2016年/湯山邦彦監督・榊原幹典監督)など多数。
原作者 百田尚樹
1956年2月23日生まれ。大阪府出身。
人気番組「探偵!ナイトスクープ」(朝日放送)や数多くの番組を手掛ける放送作家である一方、2006年に「永遠の0」で小説家デビュー。「永遠の0」は現在までに累計発行部数600万部を突破する大ベストセラーとなり、2013年には映画化もされ大ヒットを記録した。その後も「ボックス!」(2008年)、「影法師」(2010年)、「幸福な生活」(2011年)など話題作を次々を発表し、「海賊とよばれた男(上下)」(2012年)では第10回本屋大賞を受賞するなど、日本を代表するベストセラー作家としての地位を確立した。最新作は「鋼のメンタル」(2016年)。
NEWS

NOW SHOWING

  • ひるなかの流星

    ひるなかの流星

  • 3月のライオン【前編】

    3月のライオン【前編】

  • チア☆ダン ~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~

    チア☆ダン ~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~

  • しまじろうとにじのオアシス

    しまじろうとにじのオアシス

  • 映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険

    映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険

  • WE ARE X

    WE ARE X

  • サバイバルファミリー

    サバイバルファミリー

  • 虐殺器官

    虐殺器官

COMING SOON

  • 夜は短し歩けよ乙女

    夜は短し歩けよ乙女

    2017年4月7日公開

  • 映画 クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ

    映画 クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ

    2017年4月15日公開

  • 名探偵コナン から紅の恋歌(からくれないのらぶれたー)

    名探偵コナン から紅の恋歌(からくれないのらぶれたー)

    2017年4月15日公開

  • 3月のライオン【後編】

    3月のライオン【後編】

    2017年4月22日公開

  • 映画かみさまみならい ひみつのここたま 奇跡をおこせ♪テップルとドキドキここたま界 ※同時上映:短編『映画たまごっち ヒミツのおとどけ大作戦!』

    映画かみさまみならい ひみつのここたま 奇跡をおこせ♪テップルとドキドキここたま界 ※同時上映:短編『映画たまごっち ヒミツのおとどけ大作戦!』

    2017年4月28日公開

  • 帝一の國

    帝一の國

    2017年4月29日公開

  • 追憶

    追憶

    2017年5月6日(土)公開

  • 夜明け告げるルーのうた

    夜明け告げるルーのうた

    2017年5月19日公開