Movie Movie

Return Page

MOZU男たちが勢揃い!
公開初日に本気のダルマ落とし決戦!!

2015年11月07日

「劇場版 MOZU」初日舞台挨拶

<左から、羽住英一郎監督、松坂桃李さん、香川照之さん、西島秀俊さん、ビートたけしさん、伊勢谷友介さん、池松壮亮さん>

逢坂剛の人気小説を原作に、TBS、およびWOWOWにて2シーズンにわたって連続ドラマで放送され、熱狂的な支持を集めた「MOZU」。その完結編となる「劇場版 MOZU」が11月7日についに公開! 東京・有楽町のTOHOシネマズ 日劇では、主演の西島秀俊さんをはじめ、香川照之さん、伊勢谷友介さん、松坂桃李さん、池松壮亮さん、ビートたけしさんという、劇場版を彩った男たちと羽住英一郎監督が正装に身を包んで舞台挨拶に登壇! 撮影秘話などについて語ると共に、"最終決戦"として壇上でダルマ落としの勝負を行いました。さらに、写真撮影では、全員が、まさかのあのポーズで...!? 白熱の舞台挨拶の模様をレポートいたします。

西島秀俊さん(倉木尚武役)

「MOZU」シリーズ、2年以上前にスタートして、これで遂に完結を迎えます。もう今は感無量です。これだけたくさんの方に集まってもらって温かく迎えてもらい震える思いです。今日はありがとうございます。
香川照之さん(大杉良太役)

「ダブルフェイス」を含め3年以上、羽住組で西島さんと共演し、最後にこのように素敵なキャストの皆さまとこの場に立てて、シリーズを終えることができることに感謝しております。また、このチームで皆さんとお会いすることができるように精進していきます。 「MOZU」はこれでいったん、終了しますが、今日が始まりでもあります。どうか、少しでも宣伝してもらって、いつまでも「MOZU」を観てもらえるようによろしくお願いいたします。
伊勢谷友介さん(高柳隆市役)

これから皆さんに楽しんでもらえることを信じています。僕らの撮影はずいぶん前に終わっておりますので、皆さんの反応で「MOZU」がどういうものだったのか感じられるのかなと思っております。ありがとうございました。
松坂桃李さん(権藤剛役)

西島さんをはじめ、監督、キャスト、スタッフが長い時間をかけて作ったこの「MOZU」シリーズの集大成と言える劇場版に参加できたことが本当に幸せです。そして、今こうして皆さんと同じ空間にいられることが本当に嬉しいです。今日は楽しんでいってください。ありがとうございます。
池松壮亮さん(新谷和彦役)

これまで観てくださって、本当にありがとうございました。2年半くらいですかね、ここまで関わってきて、ようやく、いい終わりを迎えられるような気がしております。
ビートたけしさん(ダルマ役)

今日はありがとうございました。ダルマという役を演じたんですが、何が何だかさっぱりわからず、バケモノのような顔にされて、火の海にさらされただけという...非常に役者冥利に尽きるなと思いました。映画というのは、とにかくお客さんに楽しんでもらえることが何よりですから、家に帰って友達とかネットとかあらゆるものに「ガンが治った」とか「急にこの映画を見たら月給が増えた」とか、嘘でもいいですから書き込んでお客を呼んでください。
羽住英一郎監督

今日は初日の初回に観に来てくださって本当にありがとうございます。「MOZU」シリーズ、この映画が新しい入口だと思っています。今日、観終わって、「MOZU」を観たことがある人と話をして、わからないところはまたドラマを見直してもらって...。この映画の中に必ず、全部の答えが入っています。もう1回~2回、観ていない人を連れて観に来てもらって、これからまた今までの「MOZU」とともに楽しんでもらえればと思います。今日は本当にありがとうございます。


MC:撮影中の秘話をお一人ずつお願いします。

西島さん:
クランクインした日の夜に香川さんから電話が掛かってきて「この現場はテンションがちょっとおかしいので、映画が完成する前に事故があったりとか、とにかく何が起こるか分からないから、毎日心して、みんなと完成させよう!」とおっしゃっていました。ずっとそれを思いながら撮影に臨んでいました。

MC:実際、その通りでしたか?

西島さん:
正直、その通りで、本当に過酷な撮影でした。今日こうやって初日を迎えてホッとしました。

香川さん:
このいいお話の後に打って変わって、薄っぺらい秘話を...。フィリピンでの大変なロケで、日本からメイクさんがいらして日本人の俳優にメイクをしてくださって、一方、現地のフィリピンのメイクさんもいらして、現地の俳優さんのメイクをするわけです。現地のメイクさんは3~4人いらして、皆さん女性なんだなと思っていたら、実はこの方々が男性の方でした。「さすがこの国はすごいな!」と思いました。この方々がみんな「松坂くん、松坂くん!」と言っていました。知らない?

松坂さん:
本当ですか?

香川さん:
「あの青い髪がステキ!」と言っていました。「松坂くん、松坂くん」と...。桃李くんもついに国を越えて、これでフィリピン映画デビューも間違いないなと感じながら撮影していました。

伊勢谷さん:
僕の役は、ご覧になって分かりますが、全くアクションをやっていないんです。皆さんが頑張っていらっしゃる間に3日間くらい休みがありました。その時に阿部くんと一緒に田舎の方に行って川下りをしたんです。その途中ですごく高い水を買ったんですが、それにあたりまして...病院まで連れて行ってもらいました...。ご迷惑をおかけしました。

MC:高い水でもあたったわけですね?

伊勢谷さん:
はい。

香川さん:
安い水でもあたるよ!

MC:高くても安くてもあたると...。続いて松坂さん、お願いします。

松坂さん:
フィリピンロケは濃厚だったんですが、観てもらって分かるように、僕が卵を食べているシーンがあるんです。最初、台本には「生肉を食べる」とあったんですが、監督に『バロット』という、8割方ヒナになっている卵を食べてくれと言われました。味はコンソメ味なんですけれど、臭いは濡れた犬のニオイがするんですよ。強烈で...! でもお芝居では、うまそうに食べなくちゃいけないので、食べるんですけれど...。その後で、長谷川(博己)さんと相当顔が近いところで芝居をしないといけなくて、臭かっただろうなと思います。今、この場にいない長谷川さんに謝りたいです。臭いが本当にきつかったです...。

MC:ちなみに監督、このバロットを食べるのにはこだわりが?

羽住監督:
向こうの屋台で売っていて、みんながうまそうに食べているんですよ。8割ヒナで、味は鳥刺しとゆで卵のあいのこみたいなんですけれど、見た目がすごいんです...。羽とか骨を取らないといけないんですよ。たけしさんに食べてもらおうかと思ったんですけれど言えなかったです(笑)。

池松さん:
そんな大したエピソード持っていないんですけれど、どうしたらいいですか?

伊勢谷さん:
マジか? ここまで来るのに結構時間があっただろ? ちょっとは、ひねり出そうとしろよ(笑)!

MC:松坂さんとの格闘シーンなどもありましたが...。

池松さん:
さっきの(松坂さんの)エピソードを聞いたら、それも違うかな? と思って...。

伊勢谷さん:
まず、もうちょっと声張ろうか? 

香川さん:
いや、池松は、こういうキャラを作っているから。こういうキャラで、今キャリアを構築しているから...!

池松さん:
いや、そういうわけじゃ...。

香川さん:
ここで、何にも言わないまま終わるキャラにしているから。

伊勢谷さん:
もう何も言えないね...。

池松さん:
分かりました。何もありません!

たけしさん:
じゃあ、私もキャラを変えて...。役者というものは、撮影における自分の存在と、それに対する普段の心構えが監督とどうマッチするか...どうもすみません(笑)。私の場合は実に楽しいというか、辛いというか、ほとんど映っていないんですが、「寝ていてくれ」と言われました。ずっと寝ているんですけれど、本当に寝ちゃいけないって意識があるんです...。ようやく屋上での撮影になって、屋上って言ってもこれはCGだろうと思っていたら、本当の炎でした。メイクがこの上にあって、さらにその上に貼って、さらにその上にも貼って、温かくて、ミルフィーユを焼いているみたいになっちゃった。フラフラになりました。自分が東京でこんなひどい目に遭っているんだから、皆さんがフィリピンでどれだけ過酷だったか想像できます。これだけ体を張っているということを汲んでもらって楽しんでもらえたらと思います。


MC:西島さん、たけしさんの監督作「Dolls」から少し期間がありましたが、こうして共演されて印象はいかがでしたか?

西島さん:
「Dolls」では、当時僕は無名で、たけしさんに抜擢してもらって、終わった時に「君の人生、生活は多分、これから変わるけれども、自分を見失わないように一生懸命やっていってください」と言ってもらったんです。ずっとそれを強く思ってやってきたので、本当に今の自分があるのはたけしさんのおかげだなという思いです。あの炎のところでお会いして万感の思いというか、言葉にできない思いでした。

MC:今回で「MOZU」はラストですが、ずっとご一緒だった西島さん、香川さんに何か一言あればお願いします。

羽住監督:
「ダブルフェイス」で初めてご一緒させてもらって、「MOZU」はこれで本当に終わりですが、またすぐに別の作品でご一緒したいなという思いです。スピンオフで香川さんとご一緒させてもらって、これはこれで「MOZU」なんだけれど、「MOZU」じゃないという、面白いものができているんで、それも皆さんに楽しんでもらいたいです。

西島さん:
「ダブルフェイス」で羽住組と出会えて、自分の人生が変わったというか、また一歩大きく動いたと思っています。監督には、すぐに新しい企画を立ててもらって、またお会いできたらなと思っています。次をどんどん作ってもらいたいです。

香川さん:
羽住監督とそのスタッフは、レベルが今の映画界、映像界の中で間違いなくトップクラスで、その中に3年間も(西島さんと)2人でいられたことは本当に嬉しく思います。監督の世界観に溶け込み、そこに混ぜてもらったことに僕自身としても感謝しております。またいつの日かご一緒できたら...僕たち(香川さんと西島さん)は、親子なんて設定もやりましたし、お笑いコンビも行けます。あと、夫婦役っていうのも行けますので、一つよろしくお願いいたします!

MC:「池松さんの声がもっと聞きたい」ということなので、羽住監督、池松さんに関するエピソードはありますか?

羽住監督:
連続ドラマでは一人二役で、女装もあったしアクションもいっぱいあって、本当に僕はこの作品で池松くんと会えたことは宝物になっています。こういうところでは、あまり喋らないタイプですけれど...。

西島さん:
本当は池松くん、最初のアクションでケガをしたんだけれど、今まで言わないし、スタッフにも言わずにずっと撮影を続けていました。今も自分では言わないけれど僕が言いました!

香川さん:
(池松さんに)もう言っておきな!

池松さん:
まあ、ちょっと...大したあれじゃないです。

MC:ここで初日を記念してゲームをします。題して「男たちのラストバトル! ダルマ落としゲーム!」。「MOZU」チーム対「ダルマ」チームでダルマ落としで勝負してもらいます。解説は羽住監督にお願いいたします。

羽住監督:
よろしくお願いします。

MC:監督、どちらが勝つと思いますか?

羽住監督:
どっちも無茶ぶりする感じですからね。フルスイングでお願いします。

MC:まずは「MOZU」チーム、リーダーの西島さんからお願いします。

■西島さん、見事に一つ成功で1ポイント!


■一人終わるごとに、ダルマの塔を直す。

香川さん:
直していいの? 直さないのがポイントじゃない? ダルマ落としの全てがそこにあるんじゃない?

西島さん:
打つ方向があるからね。客席に向かって打てないから。

■続いて、香川さん。

たけしさん:
それで頭打つといいね。コンとやったら、絶対ウケる!

■香川さん、自分をハンマーで殴って場内に笑いが起きる。

たけしさん:
間が早い! 笑い待ちしなきゃ?

香川さん:
なるほど! すぐに反応を見ちゃって...。

たけしさん:
お客さんが笑う間がなくなっちゃうから。

香川さん:
勉強になります!

■香川さん、打つも失敗!


■続いて池松さんが挑戦するも失敗!


MC:「MOZU」チームは1ポイントで、続いて「ダルマ」チームです。先鋒は松坂さんです。

■松坂さん、残念ながら失敗!


MC:意外なところで失敗ですね。

■続いて伊勢谷さんが挑戦するも失敗!


香川さん:
今、2つ打っていたぞ、伊勢谷。

MC:最後にたけしさんです。

たけしさん:
僕がやったってしょうがないだろ? これ落としていくらになるんだよ? お客を呼んだ方がいいと思うよ?

MC:すみません、「ダルマ」チームの大将としてお願いします!

■たけしさん、いきなり一番上のダルマの顔が描かれた部分を倒す。


香川さん:
よっ! さすが!

MC:これはポイントにならないので、「MOZU」チームの勝利です!

たけしさん:
勝ってどうなるんだよ?

MC:勝ったチームには何もありません! 盛り上げるという意味です。それでは、最後にお一人ずつ、お客様にメッセージをお願いします。

香川さん:
「MOZU」シリーズ、今日公開で3年にわたる我々のランが終わります。監督も言ったように、これでループがつながったと思っています。線が右から左に行ったのではなく、ループがつながって、また「MOZU」シリーズのシーズン1に戻るという構造になっているのだと思っています。ぜひまだまだ「MOZU」を愛してもらえたらと思います。僕が演じた大杉は知らない間に探偵になっていますが、間のピースをハメるためには、来週WOWOWにて放送の「大杉探偵事務所 ~砕かれた過去編」もよろしくお願いいたします。

伊勢谷さん:
僕は今回、「MOZU」シリーズの劇場版に出演させてもらって、どんな現場になるかと思っていたんですが、ここにいらっしゃる皆さんが、(僕は)敵ではありますけれど僕らを優しく迎え入れてくださって、懐の深い組だったなと思います。そんな皆さんの活躍を目に焼き付けて、何度も観られるので、ぜひ愛してもらえたらなと思います。

松坂さん:
これだけ愛情と魂が込められた作品はなかなかないと思います。今日が初日ということで、ようやく皆さんの手に渡りました。この劇場版を観ていない方々にどんどんつなげてもらえれば幸せです。皆さんが感じたままの感想を添えて、この作品を皆さんで完成させてください。

池松さん:
「MOZU」が始まって2年くらいですね、ここまでありがとうございました。作品も喜んでいると思います。「MOZU」に関しては僕が一番...いや、一番じゃないですけれど、西島さんの次に愛情を持っていた気がしています。

たけしさん:
今回はダルマという役で出演しましたが、次の映画ではそのダルマを追いかける「MOZU」の中に入って、ダルマがダルマを追いかける、これを"ダルマ回し"と呼んでおりますが...。とにかくあらゆる形で...ダルマは不死身ですから、「もしかするとあいつ、ダルマじゃないかな?」というミステリアスな役で、今度は熱くないやつをよろしくお願いします。

羽住監督:
本当に今日は、ありがとうございます。この映画、2回~3回と噛めば噛むほど新しい発見もあるでしょうし、またテレビシリーズに戻って、劇場に来てもらったりといろんな楽しみ方があると思います。ぜひ公開中に何度もいろんな人を連れて劇場に観に来てもらえればと思います。

西島さん:
僕達が本当に死に物狂いで撮影してきたアクションはもちろんですが、この作品は家族や大切な人たちを守るために戦う男たちの物語です。それを皆さんに伝えたくて、届けたくて、辛く過酷な撮影をしてきました。僕は実は、この映画は『1話』だと思っています。テレビシリーズが始まる『1話』だと思っていますので、テレビシリーズを見ていない方にもぜひ観てもらいたいと思っています。今日観た方も2度~3度と劇場に足をお運びください。今日は本当にありがとうございました!

■登壇陣、ハンドガンを片手に、全員、たけしさんを真似て、コマネチのポーズで写真撮影! 「3、2、1、撃て!」でハンドガンを発射。

東宝website