Movie Movie

Return Page

「この冬最高の映画だニャン!」と自信満々
「映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!」
初日舞台挨拶

2016年12月17日

「映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!」初日舞台挨拶

<上段左から、日野晃博さん、遠藤憲一さん、小桜エツコさん
下段左から、コアラニャン、斎藤工さん、山﨑賢人さん、南出凌嘉さん
浜辺美波さん、武井咲さん、ジバニャン>

「妖怪ウォッチ」の映画化、シリーズ第3弾となる「映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!」の初日舞台挨拶が12月17日、東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて行われました。今回の映画では、空飛ぶ巨大クジラの出現をきっかけに、なんとアニメの世界が実写化し、主人公・ケータやジバニャンら仲間たちは大騒ぎ! アニメと実写、両方の世界のピンチを救うため、大冒険が始まります!
舞台挨拶には、実写パートに出演する豪華キャストが勢揃い。満席のお客様を前に、すっかり上機嫌のジバニャンは、「君の名は。」の主題歌「前前前世」のメロディに乗せて「君のニャンニャンニャン世から♪」と熱唱する場面も。登壇者の皆さんは、クリスマスの思い出や「もし自分が妖怪だったら?」の質問に答えてくれました。大いに盛り上がった当日の模様をレポートいたします。


ジバニャン

ニャニャニャー。今日はおれっちの映画に、こんなにたくさんのお客さんが来てくれて、おれっち、超超うれしいニャン! みんな、映画は面白かったニャンか? おー、ありがとニャン! いつもの世界(アニメ)とここにいるみんなの世界(実写)を行ったり来たりするなんて、さすが「妖怪ウォッチ」、神ってるニャン。

MC: ジバニャン、そろそろ今日のスペシャルゲストを呼んでもいいかな?

ジバニャン:
そうだったニャン! 今日は映画の公開を記念して、この世界(実写の世界)から、お友だちがたくさん遊びに来てくれているニャン。おれっちも早く、みんなに会いたいニャン。

南出凌嘉さん(天野ケータ役)

実写パートで天野ケータを演じました南出凌嘉です。
浜辺美波さん(南海カナミ役)

何度観ても面白い作品になっていると思いますので、また劇場に足を運んでください。
山﨑賢人さん(エンマ大王役)

妖魔界最強ということで、楽しく演じました。ぜひ、楽しんでいってください。
斎藤工さん(ぬらりひょん役)

すごく革新的な現場に立ちあうことができて、うれしく思っています。今日は澤部さん(ハライチの澤部佑さん)演じるクマみたいな髪型をしていますが、ぬらりひょんを演じております。
武井咲さん(木下紗枝役)

本日はお越しくださいまして、ありがとうございます。こんなに大人気の作品に出演することができて、とてもうれしいです。美波ちゃんが言ったように、何度でも楽しめる作品だと思うので、何度でも観に来てください。
遠藤憲一さん(じんめん犬役)

僕、こういうかわいいキャラクターと並んだり、一緒に出演するような作品に出たことがないので、「大丈夫かな」と思いました(笑)。小さなお子さんにとっては、怖かったかもしれませんが、ふだんは怖くないですからね(笑)。
小桜エツコさん(ジバニャンの声)

みんな、今日は観に来てくれて、うれしいニャン! 何度も何度も劇場に足を運んでくれニャン! よろしくニャン。
日野晃博さん(製作総指揮、原案、脚本)

こんなにたくさんの人に観ていただき、ありがとうございます。今回、「妖怪ウォッチ」を実写化するということで、世界観を壊さないようにスタッフ一同、すごく気を使って頑張ってきました。完成した作品を観ると、しっかりと「妖怪ウォッチ」だと言える作品に仕上がって、過去最高のものが作れたと思っています。面白いと感じていただければ、ぜひ広げてください。

MC:先ほど、ジバニャンも「神ってる」と言っていましたが、残りわずかになった2016年「神ってる」と思える出来事はありましたか?

南出さん:
たくさんあるんですけれど、一番はケータくん役に選ばれたことです。

浜辺さん:
私はワサビのおいしさに目覚めたことです。(料理に)入っていると知らずに食べたら、「美味しい」と思いました。

山﨑さん:
エンマ大王を演じて(特殊メイクで)耳が鋭くとがったんですけれど、それが「神っていた」と思います。

斎藤さん:
ワサビのおいしさに気づきました。今年、35歳ですけれど...(笑)。

ジバニャン:
どこかで聞いた話だニャン!

遠藤さん:
現場でじんめん犬のメイクをしていたら、ケータ(を演じる南出さん)がすごく人懐っこくて、仲良くしてくれたんだけれど、この前素顔で宣伝番組に一緒に出たら、まったく寄り付かないんです! あれはどういうことなのかな? じんめん犬より、素顔のほうが怖い(笑)?

南出さん:
じんめん犬のメイクのときは、面白かったんですけれど、素顔を見るとちょっとビックリしました。

遠藤さん:
普通はじんめん犬にビックリするだろ(笑)!

武井さん:
バス釣りに行ったんですけれど、寒い日で釣れなくて、あきらめかけていたら1匹だけ釣れたことです。

小桜さん:
私というより、ジバニャンが神っていたんですけれど、先日、ジバニャンが「勇者ヨシヒコと導かれし七人」というドラマに出演しました。まさか、実写のドラマに出演するなんて思っていなかったのでうれしかったです。

日野さん:
この映画を作る過程をずっと見てきて、完成した状態を観たときに、本当に「神っている」と思いました。みんな頑張ってくれて、笑えて泣ける作品になっていて、今回は奇妙だけど新しいものができたとうれしく思っています。

MC:それでは山﨑さんと斎藤さんに質問です。共演された印象や、特殊メイク、ダンスシーンなどの感想はいかがですか?

山﨑さん:
斎藤さんがすごくいい声で、そばで渋くいてくれる感じが落ち着きましたね。

斎藤さん:
さっき久々に再会したんですけれど、舞台挨拶の説明を聞いているときに、水を手に取るタイミングがまったく一緒だったんです。これはエンマ大王とぬらりひょんの間に何かシンパシーがあったんだと思います。

MC:お二人はダンスのご経験はありましたか?

斎藤さん:
ダンスの経験はあまりなかったので大変でした。

山﨑さん:
それこそ、僕は友だちの目で踊ると「妖怪みたいだな」と言われるくらい下手なので、今回は結構頑張ったと思います。

MC:南出さんはお二人のダンスを見て、どう思いましたか?

南出さん:
最後の決めポーズが一番カッコ良かったです。僕も踊ってみたくなりました。

MC:一番印象に残っているシーンを教えてください。

南出さん:
現場で、カメラのセッティング待ちのときにみんなでトリック写真を撮ったのが一番楽しかったです。

浜辺さん:
実写世界に来た3Dのコアラニャンがとっても可愛くて、お気に入りです。

武井さん:
やっぱり、じんめん犬かなあ。衝撃的でした。

山﨑さん:
僕はクマとのガチャガチャのくだりが好きです。

斎藤さん:
(武井さんと)かぶってしまうけれど、じんめん犬を見たときは、本当に衝撃を受けました。遠藤さんのエネルギーが圧巻でした。憧れます。

遠藤さん:
僕は、二人(山﨑さんと斎藤さん)のダンスシーンです。真顔で踊っているんだけれど、どういう気持ちで踊っていたの?

山﨑さん:
必死にカウントを合わせていたんです。

斎藤さん:
必死にね。

小桜さん:
私は(実写パートの)皆さんが撮影された後にアフレコしたんですけれど、やっぱり二人のダンスシーンです。音のない状態を見たので「この二人は何をやっているんだろう?」と思いました。仕上がったものを観たら、音も入っていてカッコ良いシーンになっていたので、さすがだなと思いました。

日野さん:
遠藤さんのシーンはもちろんですけれど、やっぱり印象的だったのは南出くんの演技がケータに見えたことです。ケータの驚くときのクセとか、しっかりアニメを研究してくれたんだなと感じて、すごく良かったです。

南出さん:
最初は声などを意識していたんですけれど、最後のほうは自然に切り替えられるようになりました。「妖怪ウォッチ」が大好きで、よく観ているのでケータくんになれるように、とにかく頑張りました。

小桜さん:
すばらしい! ケータ役の声優の戸松遥ちゃんも「自分の声を聞いているみたい」と言っていました。

MC:皆さんは、ご自分がどんな妖怪だと思いますか?

南出さん:
部屋を片付けても散らかってしまったり、何でも食べるので、「ひも爺」や「ちらかし家来」、「フウ2」が合わさった妖怪だと思います。

MC:斎藤さんはどうですか?

斎藤さん:
僕ですか? 人見知りがとんでもなく激しいので、「人見知りニャン」ですかね...。

小桜さん:
そしたら、「ヒキコウモリ」とかピッタリかもしれないですね。

MC:山﨑さんはいかがですか?

山﨑さん:
そうですねぇ...。

斎藤さん:
「壁ドンニャン」とかいいんじゃない?

山﨑さん:
じゃあ「壁ドンニャン」にします(笑)。

MC:もうすぐクリスマスですが、皆さんの思い出を教えてください。または今年の予定を教えてください。

南出さん:
去年、英語で書かれた手紙と一緒に自転車をもらいました。ママは英語で書けないので、本当にサンタさんがいるんだなと思いました。

浜辺さん:
私は、今年高校一年生になったんですけれど「まだ今年もサンタさんからプレゼントをもらえるのかな」ってすごく楽しみにしています。

武井さん:
毎年、お家にピンポンダッシュしてプレゼントを置いてくれる「ミスターX」と呼ばれる人がいるんです。何年も続いていたので、今度こそ捕まえようと思って、ピンポン鳴った瞬間にドアを開けたんですけれど、見逃してしまいました。

山﨑さん:
小学生の頃、毎年サンタさんからクリスマスプレゼントをもらっていて、5~6年生のとき、起きたらまだ枕元にプレゼントがなくて、お母さんに伝えたら「もうちょっと寝ていて」と言われました(笑)。朝起きたらプレゼントが届いていたので、(サンタさんも)遅刻をするんだなと思いました。

斎藤さん:
僕は、クリスマスは仕事のことが多いですね。5~6年前くらいに、ずっとエレベーターの中で撮影していたんですが、そのシーンがモト冬樹さんにまたがられるシーンでした(笑)。こういうクリスマスもあるんだなと思いました。

遠藤さん:
僕は、あるときからサンタさんが来てくれなくなりました(笑)。20代前半のとき、予定がなかったので街を歩いていたら、無性にさみしくなりました。ひとり暮らしの人は予定がなければ出歩かないほうがいいですね(笑)。

MC:それでは最後にジバニャン、皆さんにご挨拶をお願いします。

ジバニャン:
最高のキャスト、最高のスタッフが集まって、この冬最高一番の映画ができたニャン! やっぱり冬は「妖怪ウォッチ」で決まりニャ~~ン!

東宝website